多くの大都市圏では未だに価格が上昇傾向

全米の多くの大都市圏では、そのペースはスローダウンしましたが、不動産価格は未だに上昇しています。全米リアルター協会(NAR)は、「2018年第4四半期の全米の戸建て既存住宅の中間価格は257,600ドルで、前年同月との比較で4%上昇した」と報告しました。

カリフォルニア州を中心とした米国の西部地区では、既存住宅の販売戸数は前年同月比で6.5%の減少で、前年同時期との比較では13.9%ダウンしましたが、中間価格は383,000ドルで1.8%上昇しました。

全米の92%に当たる178の都市圏では、戸建ての既存住宅価格は上昇しており、その中でも14の都市圏では二桁成長を示しています。二桁成長の都市は、昨年の18地域からは減少傾向にあります。

「住宅価格は多くの地域で上昇しているが、在庫数の増加によってそのペースは落ち着いてきたため、全体的にはスローペースの健康的な市場になっている」と、NARのチーフエコノミスト、Dr.ローレンス・ユン氏は述べています。

既存住宅、つまり戸建てやコンドミニアムなどを含めた総数は、第4四半期には518万戸レベルとなり、前年比では7.4%減少しました。全米では全体で155万戸の販売可能な住宅在庫があり、これは一昨年よりも6.2%増加しています。

ただ、多くの西海岸の都市では、依然として販売可能な物件数に限りがあるとユン氏は述べ、「米国西部では、この6年で不動産価格は倍になり、リセッション以降最も緩やかな価格上昇になっているため、バイヤーは買い控えをしている状況下にある」と指摘しています。

また、「全米で購入可能な住宅価格が維持されていることが、住宅市場の健康的な発展を支えている」と、前述のユン氏は続けています。

「それを継続するためには、さらなる一時取得者層用の住宅建設が必要となる」とユン氏は述べています。住宅着工件数は、歴史的に見ても平均レベルよりもさらに低く、過去10年間でわずか960万戸しか供給されておらず、全米の人口増加に追いつくには、1,500から1,600万戸が必要になります。

2018年第4四半期において、全米で最も住宅価格の高い地域は、
1.サンノゼーサニーヴェイルーサンタクララ(San Jose-Sunnyvale-Santa Clara) 地域、カリフォルニア州:戸建て中間価格は1,250,000ドル
2.サンフランシスコーオークランドーヘイワード (San Francisco-Oakland-Hayward) 地域、カリフォルニア州:同952,400ドル
3.ホノルル市、ハワイ州:同812,900ドル
4.アナハイムーサンタアナーアーヴァイン(Anaheim-Santa Ana-Irvine) 地域、カリフォルニア州:同799,000ドル
5.サンディエゴーカールスバッド (San Diego-Carlsbad) 地域、カリフォルニア州:同626,000ドル

となっており、最も高額な地域はカリフォルニア州とハワイ州の太平洋側に集まっています。

反対に、全米で最も住宅の買いやすい地域は、
1.デカトゥー (Decatur)、イリノイ州:戸建て中間価格は89,300ドル
2.ヤングスタウンーウォレンーボードマン (Youngstown-Warren-Boardman)地域、オハイオ州:同97,200ドル
3.カンバーランド (Cumberland)、メリーランド州:同109,100ドル
4.エルマイラ (Elmira)、ニューヨーク州:同111,400ドル
5.エリー (Erie)、ペンシルバニア州:同113,300ドル

となっており、価格の低い地域は中西部を中心に東部地域に集中しています。

これを見ても分かるように、全米では住宅価格の差は天と地ほどの開きがあります。

<Source: REALTOR.Mag>