オアフ島:販売戸数は減少しても価格は上昇

オアフ島の2月の住宅価格は、昨年同月と比較すると穏やかな上昇に留まっています。ホノルルリアルター協会 (HBR:Honolulu Board of Realtors) は、戸建ての販売は4%減少し、コンドミニアムも同様に17%減少したと発表しました。

戸建ての中間価格は789,000ドルで、昨年同月の772,500ドルからは2.1%上昇しており、販売戸数は2月が208戸で、昨年同月の217戸よりも4.1%減少しました。

コンドミニアムも同様に、販売戸数は321ユニットと昨年同月の385ユニットから16.6%も減少しましたが、価格は415,000ドルで、昨年同月の409,000ドルからは1.5%上昇しました。

2019年HBR会長のジェリー・ブライディー氏は、「1月と同様に、2月のオアフ島の販売はスローダウンをしているが、戸建てとコンドミニアムの両方で、穏やかではあるが価格が上昇している」として、「販売戸数は、昨年比で2桁の伸びを示している」とニュースリリースで述べています。

「販売戸数の維持と穏やかな価格上昇、そしてあらゆる価格帯での在庫数の増加は、全て住宅市場が健康的な証拠を示している」と結んでいます。

<Source: Pacific Business News>