全米での住宅取引価格は上昇の傾向

全米リアルター協会(NAR)が最近行った「リアルター・コンフィデンス・インデックスサーベイ」、これはリアルターに最近の取引に関する調査をした結果ですが、直近の2月の調査では、取引の3分の1以上の37%が、販売価格 (Listing Price) か、それ以上で成約されたとのことでした。一年前の時点では、全体の35%が販売価格以上で取引されていました。さらに遡ると、2012年から2015年までは、全体の25%がそうでした。

「購買意欲が住宅供給を上回っており、住宅価格を押し上げる要因になっている」と、NARのエコノミストのブログにも記載されています。

この調査では、全体の17%が販売価格以上で成約されており、その中の87%は販売価格の1〜10%以上で、7%は10〜20%以上で、6%は20%以上で売買されています。

現在の住宅市場をみると、今後も、バイヤーは購入のためには今以上に高額を支払わないと購入できないかもしれません。エコノミストも、「この兆候は、2018年いっぱいは続く」と推測しています。

2012年の時点では、全体の物件の34%は販売価格が150,000ドルでしたが、2018年の3月時点では、その比率は全体の22%へと減少しています。州ごとや地域での格差はあるにしても、物件価格は全体で上昇傾向にあり、当分の間はこの流れが続いていくようです。

<Source: Realtor.Mag>