2017年は日本からハワイへの投資件数が25%減少

ハワイのタイトルギャランティー社の年間統計「2017年海外からのバイヤー統計 (Top Foreign Buyers of Hawaii Property)」によると、2017年の日本からハワイへの投資件数は25%の減少となり、海外からの投資総額もそれと相まって12%の減少となり、総額では8%減少したと発表しました。

Year Japan’s Share Japan
2013 1.91% $189,000,000
2014 2.74% $278,000,000
2015 2.10% $233,400,000
2016 5.97% $753,700,000
2017 4.42% $578,700,000

日本の投資家は、合計で438件の戸建てやコンドミニアムを購入しており、そのほとんどがホノルルを中心とするオアフ島に集中しています。購入金額の総額は5億7,570万ドルで、2016年に記録した581件、7億5,370万ドルを下回っています。

海外からハワイへの投資総額は、日本が2位以下に大きな差をつけており、2016年は全体の76%を占め、昨年は全体の61%を占めています。

2017年の海外からハワイへの投資国のトップ10は、日本を筆頭にカナダ、中国、香港、韓国、シンガポール、オーストラリア、台湾、グアム、ドイツとなっています。この10カ国で698件、総額は9億3,280万ドルと、2016年の797件、10億1,000万ドルからそれぞれ14.18%、8.28%の減少となっています。2016年にアラモアナ&カカアコ地区でいくつかの新築のコンドミニアムプロジェクトの竣工があったことが原因です。この地域の開発が進むにつれて、このような要因による減少が起こると考えられています。

2番目に投資の多いカナダは件数にして19%、金額にして37.5%も増加しており、2016年に減少した分を取り戻しています。彼らの投資が最も多いのはマウイ島で、その傾向はここ数年続いているようです。3位の中国は昨年対比で件数の変化はなく30件、総額にして3%増加の4,070万ドルとなっています。

米国内からハワイへの投資は、トップ9の州を見ると、件数で6%、金額で13%も増加しています。本土からの投資家は、2017年には2,974件、金額にして26億5,000万ドルと、2016年の2,813件、23億4,000万ドルをそれぞれ上回っています。

トップはカリフォルニア州の1,548件、総額15億ドル、2位はワシントン州の347件、3億6,170万ドル、3位はフロリダ州の300件、1億8,180万ドル、4位はテキサス州の250件、1億5,390万ドル、5位はオレゴン州の157件、1億220万ドルと続いており、6位以下はコロラド州、アリゾナ州、ネバダ州、ニューヨーク州となっています。

ハワイ州の地元での取引は件数にして15,012件と、2016年の15,415件を3%ほど下回っていますが、金額では94億ドルと一昨年の91億ドルから3%増加しています。

ハワイは、フロリダ州のように海外からの投資額が全体の25%を占めているのとは違い、地元での取引比率が71.80%もあり、海外からの投資総額は全体の取引額のわずか7.20%を占める程度です。ちなみに日本の占有率は、2016年が全体の5.97%、2017年は4.42%となっています。

<Source: Pacific Business News>