2017年ハワイの不動産市場はどうだったか

2017年のオアフ島の販売状況は、販売戸数が6%、価格は3%上昇し、戸建ての中間価格は755,000ドル、コンドミニアムは405,000ドルに、それぞれ上昇しました。

昨年のオアフ島の戸建ての販売戸数は3,908戸と、2016年から6.3%増加し、価格も同様に735,000ドルから755,000ドルへと2.7%上昇しました。

コンドミニアムの中間価格は、2016年の390,000ドルから3.8%上昇し、販売戸数も2016年の5,449ユニットから5,824ユニットへと6.9%増加しました。

カウアイ島では、昨年は450ユニットのコンドミニアムが取引され、2016年の378ユニットを19.05%上回り、中間価格は435,000ドルになり、前年の398,250ドルから9.23%上昇しました。戸建ての取引は552戸になり、2016年の568戸から2.82%減少しましたが、価格は660,000ドルになり、2016年の625,500ドルから5.52%上昇しました。

ハワイ島は、コンドミニアムの販売が2016年比で19.97%増加し、前年の711を大きく上回る853ユニットを販売しました。中間価格は310,000ドルになり、305,000ドルから1.64%上昇しました。戸建ては2,492戸の売買があり、前年の2,307戸から8%増加しました。価格は350,000ドルになり、前年の330,000ドルから6.06%上昇しました。

マウイ島は、戸建ての販売が1,099戸になり、2016年の1,076戸を若干(2.1%)上回り、中間価格は695,000ドルになり、前年の639,000ドルから8.8%上昇しました。コンドミニアムの販売は前年の1,310ユニットから1,451ユニットへと10.8%増加し、価格は415,000ドルから445,000ドルへと7.2%上昇しました。

Source: Pacific Business News