家を販売するときのホームステージングの影響力

全米リアルター協会(NAR:National Association of Realtors)が発表したレポート「2017年ホームステージングの現状(2017 Profile of Home Staging)」によると、リスティング・エージェント(Listing Agent : 売主側のエージェント)の62%は、ホームステージングをすることで物件が市場に出て成約されるまでの期間を短縮できると確信しており、バイヤーズ・エージェントの77%は、ステージングはバイヤーにそこに住みたいと思わせる大きなツールだと感じており、ステージングをしたリスティングをサイトで見たバイヤーの40%が、実際に物件を内覧したいとリクエストしてくると報告しています。

ホームステージングをすることで、「リアルターは、バイヤーが内覧に来た時に、その家とそこに置かれている家具が一体となってバイヤーの記憶に残るような付加価値を与えることができることを知っている」とNARの2017年会長、ウィリアム・E・ブラウン氏は述べており、「不動産はローカル的なもので、地域による様々な要因がその価値を決めており、ステージングは余分なステップかもしれないが、(特に家が空き家であればあるほど)売主にとって持ち家を早く、かつ高く売る1つの大きな手段でもある」と続けています。

ステージングをしたことにより、アンケート調査の回答者の31%は売買価格が1~5%高くなり、回答者の13%は価格が6~10%も上がったと答えています。セラーズ・エージェントとバイヤーズ・エージェントの双方に共通するステージングで一番大事な部屋はリビングルーム(Living Room)であり、続いて主寝室であるマスターベッドルーム( Master Bedroom) 、キッチン(Kitchen)、そして家に付随するアウトドアースペース(Outdoor Space)とのことです。

リスティング・エージェントの38%は、彼らがリスティングしているすべての家でリスティング契約前にステージングを行っています。エージェントの14%は、ステージングは売るのが難しい家だけに行うと答えており、エージェントの7%は、ステージングは高額物件だけに
行っているとのことです。しかし、リスティング・エージェント全体の37%は、ステージングを全く行わないが、家の片付けや問題とな
る部分を売主と相談し、解決するようにしているそうです。

ステージングを利用するエージェントは、4回に1回の割合で費用を売主が負担しているとのことです。エージェントの21%は費用を負担していると回答し、14%は、リスティング・エージェントとして売主にステージングのサービスをフィーで提供していると答えています。

<Source: REALTOR.Mag>